総資料数222ページ!すべて山本伸一が徹底解説! 初心者でもテクニカルをマスターし、勝ち続けるトレーダーを目指す!

グロースアドバイザーズがこれまで発売してきた投資マニュアルの累計販売本数は10000本以上!!

株式会社グロースアドバイザーズは、これまで30本の投資マニュアルを販売してきました。そして、そのすべてが違った投資手法です。

つまり、それだけたくさんの“投資術"を持っているということです。

証券ディーラーは勝たなければなりません。勝ち続けなければなりません。そのためには、いつも同じ指標を見て売買するような手法ではなく、相場に合った手法を実践していかなければならないのです。

もちろん、これらの投資マニュアルは、現在もほぼすべてを継続して販売しています。昨今では売りっぱなしのマニュアルが散見されます。少なくともそうした無責任なものを販売してはいない、ということは理解いただけるかと思います。

そして今回は初のテクニカルと名の付いた投資マニュアルをリリースします。

デイトレ・板読み・空売り・サヤ取り……数々の手法を公開してきた山本伸一が“テクニカル”という最も基本的なマニュアルを出してこなかったのにはある特別な理由があったのです……

ディーラーズ・テクニカルのインパクトはどのくらいだろうか?

皆さんは、「タートル・スープ」という言葉をご存知でしょうか?

今から30年ほど前に活躍した伝説のトレーダー集団「タートルズ」。
彼らは4年半の間に年平均80%以上の収益をあげたと言われています。

しかし、彼らの活躍は投資手法が知れ渡るとともに、衰退していきました。

なぜなら、「多くの投資家がタートルズと同じ方法を取ることを知った別の投資家が、タートルズの買いを狙った売買を仕掛けたからです。

そうです。それが「タートル・スープ」です。
タートルズの手法をスープにして喰ってしまう手法だからです。

もちろん、タートルズほどの影響力があるとは思っていませんが、このディーラーズ・テクニカルの公開は少なからずマーケットにインパクトを与えると思っています。

そのため、これまで30を超える投資手法を提供する中でも、「テクニカル」と名のついたマニュアルを公開してこなかったのです。

では、なぜ公開しようと思ったのか?

特定の勝ちパターンを教えるのはとても簡単です。株価がこのように動いたときに買って、こうなったら売りましょう。というのは、とても分かりやすいやり方です。

しかし、タートルスープのように特定の買いを狙った売りが出てしまうようになれば、たちまちその手法は使えなくなってしまいます。

そこで、テクニカル手法を提供するために、私が最も重要視したことは「柔軟性」です。
これを解消できたとき、私はテクニカル手法を提供しよう!と決心したのです。

きっかけは株式投資セミナーでした

弊社に所属する証券アナリスト(もちろん、証券アナリスト協会の検定会員です)と、私、山本伸一が講師となり、会社として初めての株式投資セミナーを開催したときのことです。

このとき、ある個人投資家と話をしました。その方は、投資歴も10年ほどあるベテラン
で非常に知識も豊富にあり、セミナーの内容も「私には少し簡単過ぎた」とおっしゃっていました。

テクニカルについても、ローソク足の見方はもちろん、ストキャスティクスやRSIなどの様々な指標を知っていて、自分でも指標を組み合わせてシミュレーションまでしているそうです。

しかし、その方は勝てていないそうです。テクニカルに関する知識は豊富で、シミュレーションも何度もしているのに負けているのです。

でも、私には彼がなぜ負けているのかすぐに分かりました。

それは「テクニカル指標にダマされていた」からです。

ディーラーズ・テクニカルをマスターすれば、テクニカル指標を「株式で利益を生む手段」として活用することができます!!!

知識の豊富な投資家が負けている理由。それは「テクニカル指標にダマされている」ことです。

よく「ダマシ」という表現をしますけれども、これはテクニカル指標の買いサインが出たにも関わらず株価が上昇せずに、結果として指標にだまされたようになってしまうからです。

しかし、タートル・スープの話を思い出してください。勝てる手法は有名になれば反対の売買によって駆逐されるということです。

例えば、レンジブレイクという手法があります。レンジを抜けた瞬間に買いを入れる手法です。

しかし、しばらくするとレンジを抜けた瞬間に大量の空売りを出して、レンジブレイクで買った投資家のロスカットを誘発する手法が出てきました。

レンジブレイク後に上がると思って買った投資家たちは、その後に売りが出て、やむなくロスカットの売りを出します。

レンジブレイクで空売りを仕掛けた投資家は、レンジブレイクで大量の買いが入ること、そして追加で買ってこないこと、ブレイクが失敗すればロスカットすることを知っていたのです。こうした動きが出たのも、レンジブレイクが有名だからですね。

さて、これも今ではまた違ったやり方が出てきているわけですが、それは本編に任せるとして、重要なことは「相場は生きている」ということです。これは、相場は進化を続けているということでもあります。

進化というと聞こえは良いですが、要するに情報も変わっているし、システムも変わっているということです。

取引所に場立ちと呼ばれる人たちがいて、営業マンに電話をかけて伝票を回して発注していた時代とスマートフォンで瞬間的に売買できる時代が同じ値動きになるわけはないのです。

あなたが、ディーラーズ・テクニカルを学ぶことによって……(1)あらゆる相場で利益を出すチャンスが生まれる!(2)トップディーラーと同じ手法でトレードできる!(3)株式投資のトータルでの収益性向上が期待できる!(4)チャートを見るだけで、あらゆる相場で利益のチャンスが見付けられる!(5)テクニカル指標を株で利益をあげる手段として活用できる!

証券ディーラー/株式会社グロースアドバイザーズ 山本伸一

ご挨拶が遅れてしまい、誠に申し訳ございません。私は山本伸一と申します。中央大学法学部を卒業後、日興証券に入社。その後、永和証券、木村証券にてディーリング業務を担当してきました。現在48歳。大学卒業後、すぐに日興証券に勤めましたので、投資業界一筋26年になります。日々、生き物である相場と戦い、利益を上げ続けることだけに人生を捧げてきました。証券ディーラーの使命は、とにかく利益を上げることにあります。それが存在価値であるからです。相場で利益を出すためには、「タイミング」が重要です。暴落する銘柄であっても、下落局面であっても、必ず小さな反発局面はありますから、買いタイミングさえ良ければ、買いでも利益を出すことができます。そして、「タイミング」によって利益を上げるために重要なのが「テクニカル分析」です。「ディーラーズ・テクニカル」は、証券ディーラーとして利益を出していく中で活用してきた「テクニカルの本質」をまとめたものです。「この形になったチャートなら負けない」というのは、実践を繰り返す中で積み上げてきた「自信と安心感」です。全部勝つことはできなくても、同じパターンになったら迷わずにエントリーできるということは、トータルで見れば優位性の高いチャートであることに確信を持っているからです。

私が持つ、テクニカル分析の“すべて”をお教えします

相場で利益を上げるために、私はあらゆる研究と分析を行いました。株価とは一体何なのか?どのようにすれば優位なポジションを取れるのか?バリュエーション・マーケット・タイミング、チャート、トレンド、政治、金融政策、さらには投資家心理まで。

しかし、こうして得てきた知識・技術は私の頭の中にのみ存在しているものが多く、すべてを形として残していません。当然、私に何かあればすべてが「なかったもの」になってしまうでしょう。そこで私は考えました。

私が持つテクニカル分析のすべてを伝える

あの世に投資術は持っていけません。私がこの世界に存在した証を示すため、私の証券人生をこの「ディーラーズ・テクニカル」に託します。

私が、グロースアドバイザーズを立ち上げたのは2008年末。リーマンショックの傷跡が残る中のことでした。

100年に1度と言われた金融危機において、手助けをしたいと考えたのです。私が44歳のとき。まさに「不惑」、「四十にして惑わず」です。

それから7年。ようやく我々のサービスも世間一般に認知され、社員も徐々に増えてまいりました。なんとか1つ形になったという気持ちです。

そして私は50歳になりました。「論語・為政」によれば、40歳の不惑から50歳は「知命」、「五十して天命を知る」とあります。

ある日、これまでの私の人生を振り返りながら、私の天命は何かと考えました。

大学を卒業してからすぐに飛び込んだ証券業界。それから30年間。この世界で走り続けてきましたので、私は証券業界しか知りません。

しかしながら、証券投資に関してだけは世界中を見渡してもトップレベルにあるという自信は少なからず持っています。

それならば……私の天命は一つしかないのではないか……

ディーラーズ・テクニカル

あなたに、私のすべてをお伝えしようと思います。

ディーラーズ・テクニカルは、あなたが持つトレードの問題を解決していきます

こんな悩みがありませんか?・安定した収益を得る見込みがない・相場の動きが全く見えなくなってしまった・含み損が気になって落ち着かない・頭では分かっているのに損切りができない・投資を始めたばかりに作ってしまった損失を何とか取り戻したい・テクニカルの見方がさっぱり分からない・コツコツ勝っていても、最後に大きく負けてしまう。・買いでも売りでもポジションを持っていないと落ち着かない・朝起きると想像もしていなかった損失が発生していた・今までたくさんの投資マニュアルを買ってきたが利益をあげられなかった・万が一、仕事を失っても稼げる方法を確保しておきたい・退職後の将来が不安だ

もしもあなたが、これらの悩みを持っているならば、「ディーラーズ・テクニカル」が悩みを解決するためのサポートになることでしょう。

モニター参加者の声をお聞きください!

  • トレーダーとして生きていく決心が付きました!

    30代 神奈川県 男性

    こんにちは。
    私は今、一応専業のトレーダーとして生活をしています。
    ただ、あまり利益は出ていなくて、たまにバイトをしているような状態です。

    周りにはデイトレーダーと言ってしまっているので、
    なんとか勝ち続けられるようになりたいと思っていました。

    投資の本は結構読んでいますが、同じようなことが多くて
    すいませんが今回もそこまで期待はしていませんでした。

    でも、やっぱり本物のディーラーはすごいと思いました。
    他にはない切り口です。

    書いていいのかわからないですけど、
    ファンダメンタルが必要だというのはびっくりです。

    テクニカルのマニュアルにファンダメンタルなんていらないだろうと
    思っていましたけど、必要ですね。

    ディーラーズ・テクニカルを読んでから手法がかなり変わりました。
    なんというか、「ヒット&アウェイ」になりました。

    行くときは行く、休むときは休むというのが出来てきました。
    おかげ様でトレーダーとして生きていく決心が付きました!
    ありがとうございます。

  • 証券ディーラーの言葉の重みを感じます。

    60代 愛知県 男性

    相場の世界で30年生きてきた人の言葉はやはり重みを感じます。

    ディーラーズ・テクニカルではテクニカル分析の方法をたくさん
    教えていただきましたが、私の心に残っているのは
    「相場は生きている」という言葉です。

    マーケットは日々変化しているので、10年前のテクニカル分析と
    現在のテクニカル分析は違う。というのはなるほどと思いました。

    タートルズの手法はタートルスープに駆逐されるわけですね。
    イタチゴッコに参加するのではなくて、普遍的な知識を身に付けることの
    大切さを実感しています。

  • テクニカル指標に騙されなくなりました!!

    東京都 50代 女性

    指標が上手く機能しない、いわゆる“ダマシ”に悩んでいました。

    ほとんどの指標が買いだと言っていて、念のためにいくつか組み合わせて
    調べても、結局ダマシにあいます。

    せっかく途中までうまくいっているのに、1回のダマシでそれまでの利益が
    全部なくなって…

    誰かはやくダマシのないテクニカルを教えて!と思ってました。

    今回、「テクニカル指標に騙されることがなくなる」というのを見て
    ディーラーズ・テクニカルのモニターに参加したのですけど、
    なるほど!という感じですね。

    テクニカル指標に騙される理由がわかりました。
    ダマシを避ける方法もわかりました。

    おかげさまで、勝率がとっても上がりました。
    感謝しております。

以上のお三方には、ディーラーズ・テクニカルの内容を、3ヶ月試していただきました。
それぞれ投資金額が違うので、利益額には差がありますが、3名全てが安定した勝率で、利益率も安定していることが分かります。

感想の中にもあるように、ディーラーズ・テクニカルを習得することで、トレードが安定してきます(精神的にも安定してきます)。

彼らは特別能力があるわけでもなく、ごく普通の人たちですし、ごく普通のトレーダーです。
ディーラーズ・テクニカルを学び、勝率も利益率も安定させることは決して難しいことではないんです。

ディーラーズ・テクニカルの全貌を、このページでご説明しますので、どうぞ最後までご覧ください。

ディーラーズ・テクニカルを学ぶ5つのメリットとは?

これから、あなたがディーラーズ・テクニカルを学ぶ5つのメリットについて解説をしましょう。

  1. メリット1:見た目で判断できる、初心者トレーダーにとって効率の良い投資分析手法

    「トレードで勝つ」、それも「長期間・安定的に勝つ」ということは至難の業です。

    プロの投資家はファンダメンタルについて、非常にたくさんのことを学び、企業分析をしっかり行ってからトレードします。

    テクニカル指標についても、あらゆるパターンから検証・実践し、最適なパターンに落とし込んでいきます。

    初心者トレーダーがプロと全く同トレードをしようとするには時間がかかります。そこで、「改めて株式投資を本気でやってみよう!」という初心者トレーダーが時間をかけず、最も効率的に利益を上げるためマニュアル化されたのが、ディーラーズ・テクニカルなのです。

    証券分析には様々なアプローチの方法があります。企業価値に重点を置いたファンダメンタルによる割安株(バリュー株)投資や、あるいはさや取りや板読み、企業のM&A(買収・合併)や新製品の開発などのイベントを狙ったイベント・ドリブンなど、実に多種多様です。

    ただ、このような分析手法は、一定の勉強が必要です。例えばファンダメンタル分析では一般の投資家がプロを上回ることは難しいでしょう。

    【ディーラーズ・テクニカル】は、その名の通り「テクニカル分析」に特化した投資マニュアルです。

    テクニカル分析は非常に奥深いものではありますが、他のトレード手法と大きく違う点は、「視覚的に判断できる」ということです。

    数字の分析やあいまいさがなく、見た目で判断できるため、テクニカルによるトレードというのは、実は初心者トレーダーにとって、最も効率の良い投資分析手法なのです。

    少なくともチャートさえ知っていれば大きく負けることはありません。私は下手なファンダメンタル分析で、割安だと確信(盲信)してしまったばかり、塩漬け銘柄を抱え込んだ個人投資家をたくさん知っています。

    だからこそ、プロが使うチャート術である【ディーラーズ・テクニカル】が初心者トレーダーが最も効率的に株式投資ができるマニュアルになるのです。

  2. メリット2:あらゆる相場に対応できる!

    ディーラーズ・テクニカルの2つ目の特徴は、あらゆる相場に対応できるということです。

    テクニカル指標というのは、トレンド系とオシレーター系指標に分かれますが、結局のところ、トレンドが発生しているかボックス相場かは、自分で判断しなければなりません。

    一方、ディーラーズ・テクニカルは自分でトレンドを判断する、あるいはトレンドの転換点を見つけることのできる手法です。

    例えば、世界同時株安などマクロ経済を原因とした相場の急落において、ファンダメンタル分析はあまり役に立ちません。なぜなら、個別株の値動きが全体の動きに引っ張られてしまうからであり、さらに経済の動きはエコノミストでも正解を導き出すことができないからです。

    しかし、テクニカル分析であれば、そこには「株価が下がった」という事実が存在するだけであり、理由は関係ありません。売るべき株価まで下がったから売るという、非常にシンプルなトレードを実践するだけなのです。

    テクニカルというのは、株価の値動きを分析するものであり、極論すれば、株価は上がるか下がるか2つに1つです。

    この動きを素早く察知し、より適切なポジションを取る。決して難しいものではありません。全ては株価の基本とその応用です。だから、ディーラーズ・テクニカルに「タートル・スープ」は起きないのです。

  3. メリット3:勝てる道筋がはっきり分かる

    初心者の方や利益の出ていない方から、「勝てる道筋が見えない!」
    という相談を受けることがたくさんあります。

    そういった方には、このディーラーズ・テクニカルをおすすめしています。なぜなら、ディーラーズ・テクニカルは、証券ディーラー山本伸一が、実際に利益を出してきた方法が細かく説明されているからです。

    「どうすれば勝てるのか?」「どうすると負けてしまうのか?」「どうやって売買すると大損してしまうのか?」といった、プロのディーラーの経験が詰まっています。

    世の中には、間違った手法がたくさんあります。それは、たまたま1~2年利益が出ただけで、それが将来も続くと錯覚した投資家が多いからでしょう。

    上昇相場でしか利益を出したことのなりテクニカル指標の組み合わせなどを使うのは、自ら負けに行く行為でしかありません。

    証券ディーラー山本伸一は、この道30年です。急騰相場も金融危機も何度も何度も体験してきました。世界同時株安など、相場の世界にいれば極めて当たり前に起こることです。
    威勢よくこの手法で利益を出したという投資家が、急落相場で音沙汰なしなどというケースも、星の数ほど見てきました。

    私の示す道筋が正しいことは、私の人生が証明します。私はあなたに正しい道筋を示すことができます。後は、どのようなペースでどこまで進んでいくかはあなた次第です。

  4. メリット4:初心者でも学んだその日から使えるシンプルなロジック

    ディーラーズ・テクニカルでは、今まで解説されていなかった、買いのチャートパターンについて解説しています。パターン化されたチャートなら、初心者でもマニュアルと同じ形状のチャートを探すだけなので、カンタンにトレードすることが可能です。

    このような「パターン化」は、例えば酒田五法やゴールデンクロスなどに代表されるように、チャートパターンとして確立されています。

    例えば、酒田五法の三空叩き込みもそうですね。3回窓が空いて売られたら買い、というやつです。これも一種のチャートパターンです。

    これは、初心者にとっては非常に覚えやすい方法です。チャートを見れば分かりますから。

    【ディーラーズ・テクニカル】で解説しているのは、初心者トレーダーでも迷いなくエントリーでき、利益率が非常に高く、なお且つ損切り価格が誰の目にも明らかな、パターン化された良いチャートなのです。

    さらに、ディーラーズ・テクニカルでは「どうしてそのチャートが良いのか」についての解説もおこなっています。

    先ほどの三空叩き込みについても、なぜ3回なのか?4回ではだめなのか?2回だとどうなるのか?なぜ窓を空ける必要があるのか?などなどの疑問を分かりやすく解説しています。理由がわかれば、様々な相場に対応することが可能になるのです。

  5. メリット5:テクニカルで危険を察知することができる

    数年に1度の頻度でやってくる突発的な大暴落。これをファンダメンタル分析で見抜くことは非常に難しいです。

    なぜなら、数日で企業の業績は変化しませんし、割安な株が下落したら、もっと割安になるだけだからです。

    しかし、テクニカルには暴落の兆候がはっきりと現れます。もうほんの一押しで崖から滑り落ちる状態が見えます。

    断崖絶壁の上に立った状態が分かれば、ひとまず安全なところに逃げることができます。株式で言えば、キャッシュ(現金)ポジションにして避難することができるのです。

    株式市場には、数年に1度、突発的な暴落がやってきます。何も知らずに買い続けるのはロシアン・ルーレットを繰り返すようなことです。

    ディーラーズ・テクニカルを学ぶことで、暴落を事前に察知して危険を回避することができるのです!

以上が、ディーラーズ・テクニカルを学んで得られる5つのメリットです。

このディーラーズ・テクニカルをマスターすることによって、二度とあなたがテクニカル分析を学ぶ必要はなくなるでしょう。

勝ち続けるイメージはありますか?

「株式投資で利益を出すには、たくさんの資金が必要だ」
もしかしたら、こんなイメージを持っていませんか?

確かに、年金基金や資産運用など比べるものが銀行預金や債券なら資金は必要でしょう。我々の年金を運用するGPIFの過去10年の平均収益率は3.43%ですから、そういったファンドマネジャーの書いた株式投資の本を読めば、資金が必要だと思うのも無理はありません。

しかし、証券ディーラーは全然違います。ディーラーは短期売買です。テクニカルを全く加味しない資産運用とは180度違った投資手法なのです。

正直な話、300万円や1000万円程度の投資資金しかない個人投資家が、一生懸命ファンドマネージャーの投資手法を学んで年間3~4%のリターンを得られるようになっても、人生はほとんど変わりません。

年間の収入が30万円ほど増えても、年に1回のプチ贅沢ができるようになるだけです。それも、トップクラスの資産運用知識を身に付けられればの話です。

私は、このディーラーズ・テクニカルによって、あなたに経済的な自由を手に入れていただきたいのです。

今、あなたが1日何時間働いていますか?ビジネスマンなら8時間~10時間くらいでしょうか?主婦の方でも家事や育児に同じくらい時間を使っているはずです。

ここから、体を使って新たに収入を増やすことは不可能でしょう。時給1000円の副業をしても収入は劇的には増えません。

しかし株式投資は違います。使った時間は関係ありません。極端な話、時間を使うのは買う瞬間だけでも構わないわけです。

しかも、株式投資はインターネットがつながれあれば、電車の中でも利益を出すことができます。今はスマートフォンやタブレットがありますから、自宅とさほど変わらないトレード環境を、いつでもどこでも作りだすことが可能になるのです。

資金が少ないからこそ“テクニカル分析”

もし、あなたが株式投資の初心者であったり、上手く利益が出せていないなら「株式投資で勝ち続ける」ということのイメージが湧かないかもしれません。

しかし、株式投資はシンプルに言えば、上がる前に買って上がったら売る。たったそれだけですよね。では、もし株価が上がるタイミングや下がるタイミグが分かるとしたらどうでしょう?

証券ディーラーは、実はチャートを見るだけでタイミングを判断することができます

証券ディーラーは、なぜ株価の動きが読めるのでしょうか?

経験?知識?テクニック?いいえ、実はチャートの動きが教えてくるからです。

もしもあなたが

  • 今の収入に不安がある
  • 経済的自由を手に入れたい
  • 株で稼げるようになりたい

というのであればディーラーズ・テクニカルがきっと役に立つと思います。

そして今のような労働収入ではない新たな収入の流れを作り、
人生を変えるきっかけになっていただけたら幸いです。

個人投資家のメリットはヒット&アウェイ

プロはマーケット・インパクトを意識しなければなりません。そして、どんな相場でも、プロは仕事ですから投資を休むことができません。

資金が増えれば「何か」に投資しなければなりません。株でも先物でも商品でも為替でも、何かしらに投資しなければならないのです。キャッシュポジションはプロの世界では“怠慢”でしかないのです。

そして、個人投資家の最大のメリットは、プロができない「ヒット・アンド・アウェイ」を積み重ねることができるということです。

非常に大切な話をしますと、株価はテクニカルだけでは動いていません。当然ですね。金融緩和があっても世界同時株安があっても、業績が上方修正されても公募増資を発表してもテクニカルで株価が動くなどということはあり得ません。

つまり、逆説的に言えばファンダメンタルのないときを狙ってテクニカルで運用することで、テクニカルが非常に有効に機能するということです。

プロは毎日売買しなければなりません。FOMC(米連邦公開市場委員会)があっても決算発表があってもです。

そうすると、どうしても投資効率が落ちます。リスクを取って利益を狙わなければならないからです。勝率55%でもそれに賭けなければならないのです。

しかし、個人投資家は勝率が低いなら投資しなければ良いだけです。勝率が70%、80%のときだけを狙って売買すれば良いのです。投資回数が減っても、利益を出すことだけを目的とすることができるのです。

「ヒット&アウェイ」これが個人投資家が持つ最高のメリットです。多くの個人がこのメリットを自ら放棄していますが非常にもったいないことです。

勝てるときだけトレードする

個人投資家はこれが可能になるのです。実際、プロでも常に一定の自信を持ったポジションを取っているわけではなく、投資せざるを得ないためにトレードをするときがあります。

しばらく様子を見たいと思っても、仕事ですから何も売買しないというわけにはいかないのです。こうしたときに、何の縛りもない個人投資家なら、堂々と休むことができます。

そして、リスキーな状況なら「見(ケン)」にまわり、勝率が高いときだけ・自信のあるときだけエントリーすれば良いのです

では、勝率が高いときはどのように判断すれば良いのか?ディーラーズ・テクニカルは、個人投資家が勝率の高いタイミングを分析できるように解説したマニュアルなのです。

購入特典

  1. 投資顧問会社の銘柄情報を無料提供

    発行元の当社、株式会社グロースアドバイザーズ注目の銘柄について、5銘柄以上を推奨理由と共に無料公開いたします。正規の投資顧問サービスのアナリストの実力を、まずは実感してください。情報は専用サイトにて閲覧していただけます。

  2. 無期限ユーザーサポート

    期限を設けず、購入ユーザー様からの教材手法に関するご質問にお答えいたします。サポート用メールアドレス、またはサポートダイヤル(03-5205-7033)にお気軽にお問い合わせください。サポート回数は無制限、期限は無期限、1回あたりのサポート時間は5分~30分程度です。

  3. 毎日の相場分析レポートを無料配信

    プロのアナリストが分析した市況ニュースをメールでお届けします。とくに翌日の相場のポイントを解説した、明日の株新聞には定評があります。個人投資家必見のメールマガジンです。

証券ディーラー・山本伸一のディーラーズ・テクニカル

【お支払い方法】

以上の方法のお支払いが可能です。

各種クレジットカード、銀行振込、BitCash、コンビニ払い

【ご購入】

商品はオンラインでご購入いただけます。

証券ディーラー・山本伸一の【ディーラーズ・テクニカル】/投資顧問会社グロースアドバイザーズ提供の投資マニュアル

  • 発行者
    株式会社グロースアドバイザーズ 関東財務局長(金商)第2117号
  • 価格
    24,800円(冊子版は27,800円・ともに税込)
  • 媒体
    PDFデータ及び冊子(ともに205ページ)
  • 関連URL
    http://www.growth-advisors.jp/(株式会社グロースアドバイザーズ)
    http://www.kabutomato.jp/(グロースアドバイザーズ株式情報サイト「株とまと」)
    http://navi.growth-advisors.jp/(グロースナビゲーター/投資顧問の[投資マニュアル]&[銘柄付きレポート]」)
  • ご購入
    証券ディーラー・山本伸一の【ディーラーズ・テクニカル】商品詳細

商品お届けについて

【ダウンロード版の場合】
決済確認後すぐにPDFデータのダウンロードが可能になります。
【冊子版の場合】
冊子については、決済確認日の翌営業日に発送いたします。
PDFデータは、決済確認後すぐにダウンロードすることができます。
【ご注意】
以下の場合は、お届けにお時間をいただくことがありますのでご了承ください。
  • お届け先の入力内容に確認が生じた場合
  • ご注文が混み合っている場合
  • 年末年始、ゴールデンウィーク、夏期休業など休業日が続く場合

本文、当商品は、投資の参考となる情報の提供を目的としております。投資にあたっての意志決定、判断は、あくまでもご自身の責任でお願いします。情報の内容に関して万全を期しておりますが、これを保証するものではありません。また、これらの情報に基づいて被った如何なる損害についても弊社は一切の責任を負いかねます。当商品は、著者と同じような利益が出ることを保証するものではありません。株式等有価証券の取引は価格変動リスクを伴いますので、場合によっては損失を被る可能性があります。株式等有価証券の取引には取引業者の売買手数料がかかります。

証券ディーラー・山本伸一の【ディーラーズ・テクニカル】

「ディーラーズ・テクニカル」目次

  • はじめに
    • テクニカル分析を機能させるために
  • 第1章 テクニカル指標の真実
    1. 移動平均線
    2. RS
    3. MACD(移動平均収束拡散法)
    4. ストキャスティクス
    5. ボリンジャーバンド
    6. パラボリック
    7. RCI(順位相関指数)
    8. サイコロジカルライン
    9. テクニカル指標とは何なのか?
    10. テクニカル指標のまとめ
  • 第2章 ローソク足の見方
    1. ローソク足の基本
    2. ローソク足は“中身”の動きを予想する
    3. ローソク足の組み合わせから先行きを読むローソク足のまとめ
  • 第3章 実践テクニック
    1. 値幅調整
    2. 日柄調整
    3. 日柄調整の判断ポイント
    4. 日柄調整を加味した良いチャー
    5. 第2のポイント
    6. 第3のポイント
    7. まとめ
    8. トレンド転換を狙った買い
    9. 下落トレンドの定義
    10. 買い場はどこか?
    11. 買いを決断するポイントとキャッシュ
    12. 買いポイントの決め方1
    13. 買いポイントの決め方2
    14. ボックス相場の買い方
    15. 実践テクニックのまとめ
    16. 細かなチャートテクニック
    17. 上昇調整
    18. 突っ込み買い
    19. セリング・クライマックス
    20. J型ブレイク
  • 第4章 トレンドラインの引き方
    1. トレンドに沿ったラインか?
    2. トレンドラインのポイント
    3. サポート・ライン(下値支持線)
    4. レジスタンス・ライン(上値抵抗線)
    5. バリュー・ライン
    6. バリューラインの引き方
    7. フェア・バリュー
  • 第5章 ファンダメンタル・ゾーン
    1. 中央銀行会議
    2. 経済指標
  • 終わりに

最後に

「ディーラーズ・テクニカル」は、私山本伸一がディーラー人生の集大成として執筆した投資マニュアルです。

約30年間、毎日株価チャートを見続けた私が辿りついたテクニカルの全てをこの「ディーラーズ・テクニカル」に示したつもりです。

相場は生きています。10年前のテクニカル分析と現在のテクニカル分析は、やはり違います。それはマーケットが日々変化しているからです。

つまり、パターン化されたテクニカルはすぐに使い物にならなくなるということを意味しています。

今回、 「ディーラーズ・テクニカル」が完成したのは、初心者でもすぐに使えて、今後のあらゆる相場の変化にも負けない投資術を使えることができるようになったからです。

これは、非常に難しいことです。初心者でもすぐに使えるようにするには、パターン化されたものが簡単です。しかし、それがすぐに使えなくなる、あるいはすでに使えないことは、明らかです。しかし、学術書のように株価理論から解説しても、初心者には実践することができません。

「ディーラーズ・テクニカル」で解説しているのは、相場の勝ち方であり、テクニカルとは何か?そして株とは何か?ということです。

「ディーラーズ・テクニカル」を30年前の私に贈ります。達成感でいっぱいですが、私にはこれからやるべきことがあります。

それは、「ディーラーズ・テクニカル」の購入していただいたあなたを勝たせること。購入者が利益を出して初めて、投資マニュアルは完成です。

ぜひ、一緒に「ディーラーズ・テクニカル」を完成させましょう!